PLAYER

UP

INTERVIEW – ヴィクトリア・デ・アンジェリス[マネスキン]

  • Question:Shutaro Tsujimoto
  • Translation:Mariko Kawahara
  • Photo(Live):Yoshie Tominaga
  • Photo(Artist):Francis Delacroix
  • Photo(Bass):Takashi Yashima

キラー・リフで世界を揺らす
イタリア出身の新星

今、イタリア出身の4人組ロック・バンド、マネスキンが世界中で旋風を巻き起こしている。2億人近くが視聴した“ユーロビジョン・ソング・コンテスト2021”での優勝後、イタリア本国を越えて世界中のストリーミング・チャートを席巻。1999年〜2001年生まれの若き彼らは現在、地球上で最も再生されているロック・バンドと言えるだろう。ロック・リスナーのみならず、普段はヒップホップやポップスを嗜むキッズたちをも虜にする強力なグルーヴのウネりをベース・リフの反復によって生み出し、アグレッシブにリズムを支えているのがベーシストのヴィクトリア・デ・アンジェリスだ。豊洲PITでの初来日公演の翌日に、音楽ルーツからベース・ラインの発想法、プレイヤーとしての哲学までじっくり話を聞いた。

女性がベースを弾いているのを観て、
あのパワーが私にとっては大切なことだった。

──マネスキンにとって日本での初ステージが昨夜豊洲PITで行なわれましたが、いかがでしたか?

 素晴らしかった。あれほどのエネルギーは期待していなかったの。日本の人たちは“ライヴの最中もっとおとなしい”って大勢に人に言われていたから。でも、丸っきりそうじゃなかった! エネルギーに溢れていたし、私たちもお客さんとの深い絆を感じることができて、すごく楽しめたよ。

──ベース・マガジン初登場ということで、まずはベースを始めたきっかけについて教えてもらえますか?

 ベースを始めたのは11歳ぐらいだったかな。最初はエレクトリック・ギターで、8歳の頃から弾いていたけど、2〜3年経つと至って自然にベースに持ち替えることになって、そこからベースとの絆が生まれたんだ。私はすごく若い頃からちょっとしたバンドをたくさんやっていて、そこでベースを弾いていた。初めて自分の部屋からバンドでリハーサル・スタジオに行ったとき、大きなアンプがあったことを覚えているわ。グルーヴやベースの周波数を感じられてすごく感動して、それ以来ずっと弾いているの。

──当時ベースのどんなところに惹かれたのか、もう少し詳しく教えてもらえますか?

 ギターだっていろんな弾き方があるでしょうけど、私はグルーヴやリズムを刻むほうが好きだった。だからギターを始めたときも、ニルヴァーナの「Come As You Are」のベース・リフを弾いていたんだ(笑)。本来ならベースで弾かないといけないものだけど、そっちが好きだったのね。ギターに関しては、最初はひとりでエレクトリック・ギターを弾いていたんだけど、音楽学校に通いだしてからはクラシック・ギターをやることになって、それが全然好きじゃなかった。まだ子どもだったし無理矢理やらされたから、ギターに対する印象がちょっと悪くなっちゃってね。それで、学校の発表会に出ることになったときに、当時の先生に“ベースを弾いてみたら?”と言われたの。それからは、とても楽しくやれたわ。私のプレイや曲作りには、ベース・リフを弾くほうが合っていると思う。ロイヤル・ブラッドみたいに、ベースが中心のバンドが好きだからね。すべてがベース・リフにかかっているし、とてもリズミックで、かつメロディックなものを聴くのが好きだから、こういうことを私もやってみたいの。

──なるほど。かなり小さい頃から、音楽学校に通っていたということですか?

 そう。9歳から、13歳で辞めてしまうまでね。

──卒業ではなくて、辞めてしまったんですね。学校ではベースではなく、クラシック・ギターと音楽理論を学んでいたのですか?

 ええ。でも最初の2年間は友達に教わっていたから、結構自由にやっていた(笑)。私は彼に好きな曲を聴かせて、それを一緒に弾いていたんだけど、楽しかったわ。でも、もっとお勉強的なものになると理論を学ばないといけなかったし、好きでもない曲をやらないといけなくなって、私にはそれがあまり自然なことに思えなかった。演奏は情熱に駆り立てられてやるべきだと思っていたし、そのうえでテクニックを磨くことは必要だと思うけど、最初から楽器のメソッドを詰め込まれるのは正しいアプローチではないと思ったの。私は音楽を楽しみたかったし、バンドでプレイしたかった。先生には、“君の手はベースを弾いてしまったことでおかしなことになってしまったから、ベースは辞めるべきだ。でないと、正しい位置でクラシック・ギターを弾けなくなる”とか言われていたけど(笑)。でも私はもっと直感的なことをやりたかったのよ。

──マネスキンはさまざまなバンドのカバーも行なっていますが、ヴィクトリアさん個人は、どのようなベーシストに影響を受けてきましたか?

 アークティック・モンキーズのニック・オマリーが大好き。彼はリズミックだけれどもメロディックなリフをよく弾いていて、それは私も目指していることなんだ。私たちの楽器隊は3人だけだから、メロディック・パートをやっているのは私とギターだけ。だからドラムと一緒にグルーヴを出すパートと、メロディックに弾くパートを交互にやらないといけない。そういうのもあって、彼に影響を受けていることは間違いないわ。それから、さっきも挙げたけどロイヤル・ブラッドが大好きで、マイク・カーは素晴らしいと思う。あと、トーキング・ヘッズのティナ・ウェイマスももちろん好きだし、子どもの頃キム・ゴードンにもすごくインスパイアされた。もちろん、あっちはノイズ系だから音楽のタイプはまったく違うけど、彼女を観てあのアティチュードにすごくインスパイアされたのよ。女性がベースを弾いているのを観て、あのパワーが私にとっては大切なことだった。あと、フリートウッド・マックのベースも好き。いろんなベーシストからいろんなインスピレーションを得たいと思ってるけど、スラップみたいな超絶テクニックは私の好みじゃないかな(笑)。もちろん大好きだけど、私はもうちょっとパンクっぽい、ベース・リフものが好きなんだ。

左から、ヴィクトリア・デ・アンジェリス、トーマス・ラッジ(g)、ダミアーノ・デイヴィッド(vo)、 イーサン・トルキオ(d)。

──マネスキンの音楽は、ギター・ロックの伝統的なスタイルを土台にしながらも、そこにラップ・スタイルのヴォーカルが乗っていたり、ロックにとどまらないジャンルからの影響を感じます。ライヴではブリトニー・スピアーズのカバーもしていますね。どんな音楽を好んで聴いてきましたか?

 私は常にロックやパンクが好きだった。パブリック・イメージ・リミテッド、ザ・ストゥージズ、デヴィッド・ボウイ、ニルヴァーナ、ブロンディ、ロキシー・ミュージックみたいな、往年のビッグ・バンドを聴いて育ったわ。そして自分でもプレイを始めると、もっといろんなジャンルの音楽を聴くようになった。ザ・ストロークス、アークティック・モンキーズ、たくさんあるわ。ニューヨーク・ドールズみたいなアイドルにも素晴らしい人たちがたくさんいたし、レッド・ツェッペリンのような歴史的大物も。でも、マネスキンにはいろんなものがミックスされているの。メンバーひとりひとりに音楽の好みがあって、かなり違っている。私とトーマス(ラッジ/g)はロックが好きだし、イーサン(トルキオ/d)とダミアーノ(デイヴィッド/vo)はポップやレゲエやファンキーなラップのほうが好きなんじゃないかな。なんでもありで、彼らはいろんなタイプの音楽を聴くのが好きなの。だから、マネスキンはいろんなものからの影響をミックスさせていて、ヴォーカルがすごくポップでキャッチーなメロディを歌っているところに、私とトーマスがヘヴィにプレイすることもあるんだ。

──イタリアのポップ・ミュージックからもインスパイアされているのですか?

 それはあまりないかな。でも私は、イタリアのアフターアワーズ(Afterhours)というバンドが大好き。彼らを知ったのは大人になってからだけど、素晴らしくて、グランジというか、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとかにインスパイアされているバンド。イタリアではロック・シーンはあまり大きくないから、私は主に両親が教えてくれたものを聴いていたの。それからギターを弾き始めると、YouTubeを使って自分でバンドを見つけに行くようになったわ。

▼ 続きは次ページへ ▼