BASSIST FILES

UP

BASSIST FILE-大林亮三 (オオバヤシ・リョウゾウ)

  • SANABAGUN.

1990年9月7日生まれ、神奈川県藤沢市出身。ソウル、ファンク、ブルース、レゲエなどのルーツ・ミュージックを愛し、ヘヴィでうねるようなベース・プレイが持ち味。自身のリーダー・バンドRYOZO BANDで活動する傍ら、COMA-CHIやB.D.といったヒップホップ・シーンでも活躍。2017年の9月に、SANABAGUN.に加入。2019年10月に4th作『BALLADS』をリリース。また、自身のリーダー・バンドによる新作『Get lost』を2020年1月にCDとLPの2形態で発売した。

  • Photo:Takashi Hoshino(Equipments)

Q1:ベースを始めたきっかけと年齢を教えてください。

ベースをちゃんと始めたのは18歳。中学生の頃のバンド・コンテストみたいなものでベースは少し弾いたことはあったが、それまでは基本ギターをやっておりました。高校に入って、ブラック・ミュージックのアダルトさにハマっていき、ブラック・ミュージックはやはりベースでしょ!となりベーシストになることを決意。

Q2:自身の代表作を3作挙げてください。(楽曲またはアルバム名、アーティスト/バンド名)

『OCTAVE』SANABAGUN.
『BALLADS』SANABAGUN.
『Get Lost』RYOZO BAND

Q3:好きなベーシストのベスト5を教えてください。(5人に満たなくても構いません)

ジョージ・ポーターJr.
ウィルトン・フェルダー
ニック・モブション
クリス・ウッド
エロル・“フラバ”・ホルト

Q4:ベーシストとして活動するうえでの座右の銘を教えてください。

FUNK

Q5:音楽以外の趣味、興味のあることはなんですか? 
また、それらは自身の音楽にどのような影響を与えていますか?


食ですかね。美味しいものを食べてるとイマジネーションが湧きます。

Q6:人生に大きく影響を与えた本や漫画、映画は?

’70sのニューヨークを舞台にした映画はいろいろ影響を受けてます。『スーパーフライ』の世界観は特に影響受けたかも。あと『スカーフェイス』とか『タクシードライバー』とか定番どころのパンキッシュな映画も。初期衝動感みたいなものを、常々、大事にしたいなと。

Q7:あなたにとっての“夢の舞台”を教えてください。(※経験した公演でも構いません)

やはりマディソン・スクエア・ガーデンとかNFL(編注:ナショナル・フットボール・リーグのこと。優勝決定戦=スーパーボウルのハーフタイム・ショーでは有名なアーティストがコンサートを行なう)とか、US(アメリカ)のでかいところでいつかライヴしてみたいですね! あとはやはりグラミー賞!! FUNK!!

BASS 

Ibanez/BTB1825※メイン
Fender/Telecaster Bass(1974年製)※サブ

  • Ibanez/BTB1825(ベース・マガジン2019年10月号掲載時)

AMPLIFIER 

Fender/BASSMAN 500(アンプ・ヘッド)
Ibanez/Promethean P300H(アンプ・ヘッド)
Rupert Neve Design/RNDI(DI)

  • Fender/BASSMAN 500(ベース・マガジン2019年10月号掲載時)

EFFECTS 

KORG/Pitch Advance(チューナー)
Ampeg/SCR-DI(オーバードライブ/プリアンプ)
BOSS/AW-3(オートワウ)
PandaMidi Solutions/Future Impact Ⅰ.(ベース・シンセサイザー)
strymon/Ojai R30(パワー・サプライ)
FREE THE TONE/PA1QB(イコライザー)
EBS/Uni Chorus(コーラス)