NOTES

UP

【第14回】手首曲げすぎ!? 指弾きの右手のフォーム  石村順の低音よろず相談所 〜Jun’s Bass Clinic〜

  • Text:Jun Ishimura

【第14回】手首曲げすぎ!? 指弾きの右手のフォーム

指弾きにおいて“指が疲れる”や“手首が痛い”といった相談を受けることがあるので、今回はその悩みを解決していきたいと思います!

◎講師:石村順
HP Twitter facebook Instagram

BASS MAGAZINE Web『石村順の低音よろず相談所 ~Jun’s Bass Clinic~』。

第14回目のテーマは“指弾きの右手のフォーム”についてです。

ベースに限らず、楽器の演奏全般においては、“体に負担をかけないフォーム”が基本となります。言い換えると“無理のないフォーム”、あるいは“無駄のないフォーム”、ということですね。その理由は明快で、不自然なフォームで長時間演奏すると、必要以上に疲れたり、体を痛めたりするからです。

では、ベースにおける、指弾きの正しいフォームについて考えてみましょう。

手の大きさや指の長さ、関節の可動範囲、これらにはそれぞれ個人差があります。ということは、ある人にとっての正解が全員に当てはまるわけではないんですね。つまり、正解はたくさんあるのです。

なので、自分にとっての正解を見つけることが大事です。当然、今からお伝えすることは僕にとっての正解なので、皆さんそれぞれ、いろいろ試して自分なりの正解を探してください。

以上の前提を踏まえたうえで、指弾きの右手のフォームを以下の視点で見てみます。

①弦に対する指の角度

②ボディに対する手首の角度

③奏法の違いによる指の角度

今回は①の、弦に対する指の角度について話します。これは、正面から見たときの指と弦の交わる角度です。

いろんな意見があるとは思いますが、結論から言うと“指と弦がだいたい直角に交わる角度”が、自然で無理のないフォームだと僕は思います。

また、こういうふうに、手首を斜めにしたほうがいい、という考え方もあります。

その根拠は、iとmの長さはmのほうが長いからその長さを揃えるために手首を斜めにしよう、ってことなんですよね。

それも一理あります。しかし問題は、①この角度を維持するために常に一定の力を使っていようとするのは体力の無駄遣い、ということと、②角度に無理があると手首を痛める可能性がある、ということなんです。

あと、そもそもこのフォームは2フィンガーにしか当てはまらないんです。例えば、第7回で扱った1フィンガーで弾く場合は指の長さを揃える必要がないですし、3フィンガー、4フィンガーで弾く場合は、手首を斜めにしてiとmを揃えると、aが届きづらくなります。

一方僕は、手首の力を抜いて、手首の角度が重力で自然に垂れる範囲にするのがいいと思います。なぜなら、力を使わないから疲れにくいし、手首への負担もない。結果的に、こうすると“指と弦がだいたい直角に交わる角度”になります。

では“指の長さの違いをどうするか”というと、指ごとに曲げる角度を変えて調整します。一番長いmを、ほかの指よりも少し多めに曲げます。

これが、1フィンガーでも2フィンガーでも3フィンガーでも同じフォームで弾ける、自然で無理のないフォームだと思います。

あと気をつけたいのは、①ストラップの長さの違いや、②ネックと地面の角度の違いです。これらも指と弦の角度に影響してくるので、そのへんも含めて自分にとって一番無理のない自然なフォームを見つけてください。

ということで、今回はここまでです。次回も右手のフォームについて、なかでも“ボディに対する手首の角度”についてお話しします。

よかったら、いいね、シェア、コメントしてください!

SNSもチェックしてくださいね。

それではまた、石村順でした!

◎Profile
いしむらじゅん●元LOVE CIRCUS、元NEW PONTA BOX。日食なつこ、ポルノグラフィティ、東京エスムジカ、K、JUJU、すみれ、大江千里、松山千春、宇崎竜童、石川ひとみ、種ともこ、近藤房之助、豊永利行、Machico、紘毅、城南海、西田あい、つるの剛士、SUIKA、Le Velvets、葡萄畑など、多数のライブや録音に参加している。ロングセラー『ベーシストのリズム感向上メカニズム グルーヴを鍛える10のコンセプトとトレーニング』の著者。Aloha Bass Coachingではベース・レッスンのほか全楽器対象のリズム・レッスンを行なっている。

◎Information
HP Twitter facebook Instagram