PLAYER

UP

Interview – 鈴木正人[LITTLE CREATURES]

  • Interview:Kengo Nakamura

瓢箪から駒というか、ギャグから生まれたものです(笑)。

━━本作での使用機材は?

 ベースは、ほぼ1961年製のプレシジョン・ベースです。PJに改造してますけどね。あと、「ハイポジション」は上のEが出てくるから普通のフェンダーでは弾けないということで、21フレットのネックが付いているジャズ・ベースを使いました。あとは、「踊りかける」はウォルですね。これは、例の16分のアルペジオのフレーズがけっこう難しくて。ウォルがネックの感触的に一番弾きやすかったんです。

━━「大きな河」は1番終わりとエンディングにオート・ワウを使ったフレーズがありますね。

 これはズームのB3だったと思います。「ぐるぐると」の左チャンネルに寄せられたベースのリフの歪みもB3だったんじゃないかな。レコーディングではラインはもちろんアンプも鳴らしていて、アンペグのV-4Bのヘッドと、エピファニのユニットを交換したキャビネットを使っています。

━━最近は、レコーディングでは実機としてのアンプを必要としない人もいますが、鈴木さんは?

 僕はアンプが鳴っていないとダメですね。音楽の種類にもよるんですけど、特に今回のような音楽だと、アンプのサウンドがないと、ちょっと足りなくなっちゃうかなって思います。

━━しかも、V-4Bなんですね。例えばB-15とかではなく。

 そうなんです(笑)。新宿のピットインに古いV-4Bがあって、それが世の中で一番好きな音が出るアンプなんですよ。それで同じモデルを買ったんです。

━━「ハイポジション」は硬質な8分ルート弾きを始め、ベースのあり方がニューウェイヴ感やパンキッシュさを生んでいますね。

 これはピック弾きですね。栗原の曲で、あの人はニューウェイヴ好きなんですよ。後半は、キーがDということもあって、開放を弾きながらハイ・ポジションのフレーズを同時に弾いていますね。

━━「あさやけ」はハーモニクスやタッピングのフレーズがセンスフルに挿入されているのが印象的でした。

 ハーモニクスは、よくあるジャコっぽい感じですよね。ああいうのはついついやっちゃう。タッピングは、これもレコーディング前のリハーサルで冗談でやってみたんですよ。そうしたら案の定、“それ、いいね”って。瓢箪から駒というか、ギャグから生まれたものです(笑)。

━━タッピングをしている部分のバッキング・ギターはフェイザー系のエフェクトがかかっていますし、エディ・ヴァン・ヘイレンへの追悼かなと思ったりしましたが……。

 なるほど(笑)。レコーディングをしたのは、まだ亡くなる前でしたね。でも、実はヴァン・ヘイレンは3人とも好きなんですよ。特に初期のヴァン・ヘイレン。だから、亡くなったのはすごくショックでした。

あさやけ」MV

━━鈴木さんはさまざまなアーティストのサポートも手がけていますが、そういった仕事のときと自身のバンドのときでは、ベーシストとしての思考法や発想法が変わったりするものですか?

 それは違うかもしれないですね。やっぱりクリーチャーズのときのほうが、何をやっても許されるというか(笑)。わりと好きにできるなっていうところはあります。やっぱり3人なので、ベースっぽくないというか、上のほうで弾いたりとかいろんなことをやれるスペースがありますから。きっちりとした4リズムとか5人くらいバンドのメンバーがいると、あんまりベースがそういうことをやっていても、“うるさい”って言われてしまうだけなので(笑)。

━━さて、本作のCDのみのボーナス・ディスクとなるDISC 2『STUDIO SESSION』には最新スタジオ・ライヴ音源を収録しています。大半がウッド・ベースでの演奏なのにはどのような意図が?

 これは単に『30』がこういう感じのアルバムなので、ボーナス盤は全体をアコースティックな感じにしようかなっていうところでしたね。エレアコ・ベースみたいなものも一部使っていますけど。『30』のほうでウッド・ベースを使うっていうアイディアは特になくて、わりとシンプルな編成というか、一番オーソドックスな編成でやろうというのがあったので。

━━エレアコ・ベースを使ったのは最後の2曲ですか? 演奏が爆発しています(笑)。

 そうですね(笑)。いわゆるアコースティック・ベースというやつなんですけど、初めて使ったんですよ。けっこうおもしろくて、これは可能性があるなと思いました。

━━さて、まだコロナ禍の情勢下ですが、今後のLITTLE CREATURESの活動についてはどのようなことを考えていますか?

 ライヴができるような状況になったら、やっぱりライヴをしたいなと思っています。あと直近だと、2月にクリーチャーズで芝居の音楽をやる予定なんですよ。実は、今はそれで頭がいっぱいだったりします(笑)。

◎Profile
すずき・まさと●1971年6月ベルリン生まれ。高校在学中の1987年にLITTLE CREATURESを結成し、1990年にシングル「THINGS TO HIDE」でメジャー・デビューする。その後渡米しバークリー音楽院に入学。帰国後はバンド活動と並行してセッション・ミュージシャン、プロデューサーとしても活動する。2005年にsighboatを結成、2007年に菊地成孔ダブ・セクステットに参加。2006年にはソロ・アルバム『UNFIXED MUSIC』も発表している。

◎Information
鈴木正人 Twitter
LITTLE CREATURES Official HP Twitter YouTube Facebook Instagram