GEAR

UP

【お宅のエフェクト・ボード拝見!】#3 − Shun(TOTALFAT)

  • Equipments Explanation:Makoto Kawabe

プロ・ベーシストのエフェクター・ボードをフィーチャーし、ベーシストの“最新足下事情”を徹底検証していく当連載企画。第3回は2019年から新たに3ピース編成としてリスタートし、国内のメロディック・パンク/ハードコア・シーンを長年牽引し続けるTOTALFATよりShunが登場! ベーシストでありつつメイン・ヴォーカルも担当している、Shunのこだわりが詰まったエフェクト・システムを確認していこう。

“ベース・ヴォーカル”ならではの機能的システム

Shunのエフェクト・ボード。上段右から、PETERSON製StroboStomp HD(チューナー)、One Control製Distro Tiny Power Distributor(パワー・サプライ)、One Control製Minimal Series Pedal Board Junction Box 4M(ジャンクション・ボックス)。中段右から、One Control製Minimal Series Mosquito Blender Trail with BJF Buffer(ブレンダー)、EarthQuaker Devices製Hoof Reaper(オクターヴ・ファズ)、EarthQuaker Devices製Tone Job(イコライザー/ブースター)、Tronographic製Rusty Box(プリアンプ)、One Control製Minimal Series AB BOX(ABボックス)。下段は、右からふたつ目のEarthQuaker Devices製Swiss Things(エフェクト・ループ・スイッチャー)のほか、ボス製FS-5U(フット・スイッチ)が4機。

 国内メロディック・シーンの中核的存在として、数々の大物海外バンドとも共演を果たしているTOTALFAT。2019年に3ピース体制になったことがきっかけで見直したという、Shunの最新の足下を検証していこう。

 ベースからの信号はOne Control製Minimal Series Pedal Board Junction Box 4M(ジャンクション・ボックス)から、チューニング違いの2本のベースを持ち替える際に用いられるOne Control製Minimal Series AB BOX(ABボックス)を経由し、Tronographic製Rusty Box(プリアンプ)へと接続。Rusty Boxは常時オンの状態で使用され、サウンドの根幹を担っているが、本機のセッティングのポイントをShunは“その日の会場ごとにローのピークを出さないよう調整しています。出していいローと出してはいけないローの境目、ミドルと同じくらいの飛び方になるロー感にしています”と語る。続いてEarthQuaker Devices製Swiss Things(エフェクト・ループ・スイッチャー)へと接続され、そこから再度Minimal Series Pedal Board Junctionに戻ってくるという流れだ。

 Swiss Thingsから各ペダルへと分岐した信号は、本ボード最大の特徴とも言える4機のボス製FS-5U(フット・スイッチ)でそれぞれ制御されている。“BOOST”と記された最左のFS-5Uは、Swiss Things内蔵のクリーン・ブーストのオン/オフ切り替えで使用され、「夏のトカゲ」のスラップ部分などで用いられる。“このブーストがすごくキレイなんですよ。音色が変わらずにそのまま音量だけが上がってくれるのですごく便利です”。左から2番目の“T・J”と記されたFS-5UはEarthQuaker Devices製Tone Job(イコライザー/ブースター)用。Tone Jobはピッキングの圧やミドル/トレブルのアグレッシヴな部分を際立たせるよう設定されており、その音色は「PARTY PARTY」のブリッジ・ミュートの部分などで聴くことができる。続いて“FUZZ”と記されたFS-5UはOne Control製Minimal Series Mosquito Blender Trail with BJF Buffer(ブレンダー)を経由してEarthQuaker Devices製Hoof Reaper(オクターヴ・ファズ)のオン/オフ切り替えで用いられる。この音色は「マイルストーン」の平歌部分など、“潰れた感じ”を再現する際に用いるとのことで、ブレンダーをかますことで原音とのバランスをコントロールしている。最右の“MUTE”と記されたFS-5Uはその名のとおりミュート用スイッチなのだが、ミュート機能がついていないSwiss Thingsのチャンネルをあえてひとつ空にすることでミュートの役割を持たせている。“本来のSwiss Thingsの使い方とは異なっているのかもしれませんが便利ですね。自由に使わせてもらっています(笑)”。

 Swiss Thingsで各ペダルの制御もできるなか、あえてFS-5Uを4機導入する理由をShunは、“Swiss Things上でコントロールもできますけど、踏み間違えることが多くて。僕はベーシストであると同時にヴォーカリストでもあるので、一番求める部分は使い勝手。もちろんデジタルのスイッチャーでもいいんですけど、FS-5Uを独立して配置するほうがより踏み間違えの心配がないですね”。と語ってくれた。PETERSON製StroboStomp HD(チューナー)は、Swiss Thingsのチューナー・アウトから接続され、常時オンの状態を維持しているため曲間でのチューニングも可能だ。“これまでいろんなチューナーを試したんですけど、コレが一番いいです。精度もありますけど、まず速い。演奏しながらメーターを見てもしっかり各弦の状態が認識できます”。

 本ボードの構成になったのは3ピース体制となった2年前から。音作りを変えつつ、実用性を追求していった結果このシステムに行き着いたとのことだ。“今後はトラック・ミュージックっぽいアプローチも取り入れていきたいので、シンベ的な要素を生ベースで再現できる、よりローがキレイに出てくれるペダルの導入も検討しています。ただ、現状不満な点は特になくて、今の自分にとって100点満点のラインナップです!”。今後Shunのサウンドと本ボードがどのような進化を遂げていくのか注目していきたい。

Pick up!

RUSTY BOXは音作りを中尾憲太郎に相談した際に紹介してもらったモデルとのこと。“ミッドとローにスピード感が出て、音像がクリアで近くなるんです。いろんな機種を紹介してもらいましたがこれが一番でした”。なお、ブースト機能は使用していない。

各ペダルのエフェクトを制御するSwiss Thingsは、本ボードにおいて中核を担うペダルだ。“コレは押しっぱなしでオン、離すとオフにできる機能があるので、いろんな用途が想定できる一台ですね。コレってあったらいいのになって機能ですよね”。

Shunの使用ペダルをチェック!

One Control/Minimal Series Pedal Board Junction Box 4M

 モノラルとステレオのイン/アウト・ジャックをそれぞれ2系統、MIDI用のイン/アウト・ジャック1系統を筐体の側面と天面に備えたコンパクトで汎用性の高いジャンクション・ボックス。エフェクト・ボードの入出力を1ヵ所にまとめることで限られたスペースを有効活用できるほか、配線にまつわるトラブルを避けつつステージでのセッティング時間を大幅に短縮できるなど、特にライヴ派プレイヤー必携の実践的なアイテムだ。

One Control/Minimal Series AB BOX

 フット・スイッチで入力1系統を出力2系統に切り分ける、いわゆる“ABボックス”。スイッチを切り替えるたびにレッド/ブルーのLEDが点灯するが、内部の回線自体は機械式のトゥルー・バイパスによるパッシヴ構造となっており、LEDを点灯させない場合は電源をつながなくても使用できる。チューナー・アウト兼ミュートや出力の切り替えのほか、インプット/アウトプットの表記とは逆に2本のギターやベースを使い分けるインプット・セレクターとしても使用可能だ。

One Control/Distro Tiny Power Distributor

 小型かつ軽量なパワー・サプライ。標準的なセンター・マイナスの9V出力が8個、SAGコントロールで12~18Vの範囲で電圧可変の出力を1個備えており、合計2000mAまでの電流を扱うことができる。また当機種を2機リンクさせることで、最大17機のエフェクターに電源を供給することも可能(電流は最大2000mA)。アルミ製の筐体は頑丈で放熱効率にも優れている。

One Control/Minimal Series Mosquito Blender Trail with BJF Buffer

 ループに接続したエフェクト音(ウェット)とバッファードのクリーン音(ドライ)をミックスできるコンパクトで多機能なブレンダー。ウェットとドライはそれぞれ単独で音量調整が可能で、空間系エフェクトの残響音などをぶつ切りすることなく自然にオフにできる“TRAIL”、入出力で位相が反転するようなエフェクトでも正相でミックスできる“PHASE”、インプット側でバッファーの有無を選択できる“BJF Buffer”など、ブレンダーとして万全の機能を備えている。

EarthQuaker Devices/Swiss Things

 2系統のループのオン/オフ、出力A/B切り替えまたは同時(Both)出力、ブーストやバッファーなど豊富な機能を備えたライン・セレクター。ループ1はノン・バッファー、ループ2はバッファードとなっており、エクスプレッション・ペダルを接続しバッファーのゲインを可変させることで音質劣化なく音量調整できる。出力Bはアイソレーション・トランスを経由しており、複数のアンプの位相状況に合わせて位相を反転させることも可能だ。

EarthQuaker Devices/Tone Job

 オーディオ・グレードの高音質なブースター&3バンド・アクティヴEQ。各帯域ごとに20dBのブースト/カットができるほか、EQに入る前の段階で5倍(約14db)のブーストも可能。シェルビング・タイプのトレブル/ベースはそれぞれ2kHz以上、500Hz以下で効き、レゾナンス・フィルターのミドルは中心周波数が1kHz近辺に設定されているが、ミドルの調整次第でトレブル/ベースの効き方も変わってくるのが特徴だ。電池駆動不可で9~18Vの外部電源で駆動する。

EarthQuaker Devices/Hoof Reaper

 ロシアン・マフをモチーフにミドルの質感を調節する“shift”機能を加えた“フーフ”、3ノブのトーン・ベンダーをモチーフにした“トーン・リーパー”というタイプの異なるふたつのファズとオクターバー(アップ)の3つのエフェクトをひとつの筐体に収めた複合機。どちらのファズもシリコンとゲルマニウムのトランジスタを組み合わせ、幅広い音色と高い安定度を実現している。アンサンブルに馴染む音色はもちろん、オクターヴ・アップを組み合わせてかなり攻めた音色も作れる、サウンド・バリエーションが豊富なアイテムだ。

PETERSON/StroboStomp HD

 ストロボ・チューナーの草分け的存在であるピーターソンがペダル型に落とし込んだモデル。0.1セントの超高精度と素早いチューニングが最大の魅力だ。コンパクトな筐体ながら最大限の高精細な液晶ディスプレイで直射日光下でも視認性を確保。出力はトゥルー/バッファードのバイパスが選択でき、レギュラー・チューニングはもちろん、オープンやバズ・フェイトンなど、こだわりの音律やプリセットを130種以上搭載。液晶のバックライトは10色から選べ、音名表示以外に弦番号表示もできるなど、豊富なディスプレイ・モードを搭載している。

Tronographic/Rusty Box

 1970年代のソリッドステートのベース・アンプを再現し現代的にアレンジしたペダル型プリアンプ。HI/LOスイッチ、3バンドEQ、ゲイン、ヴォリュームにブースト機能を加えたオーソドックスなコントロールだが、ハイゲインでトレブリーなモデルがモチーフなだけに本機の音色も個性的。とはいえ、Volume通過前のフル・ヴォリュームを出力するLine Out(バイパス時はミュート)と、Volume通過後の出力となるMain Outを備え、後者はTRSケーブルを使用することでDIとしても使用可能なバランス出力(バイパス時はトゥルー・バイパスでアンバランス出力)となるなど、幅広い活用方法を提示してくれるプリアンプだ。

BOSS/FS-5U

 ボスの隠れたロングセラーでもある汎用のフット・スイッチ。アンラッチ式のFS-5Uとラッチ式のFS-5Lがラインナップされており、FS-5Lには電池駆動(単4×2本)によるLEDでオン/オフの識別が可能だ。複数の個体を連結できるほか、両機種にはポラリティ・スイッチが搭載されており、接続する機器に合わせて極性を入れ替えることも可能。安定性と踏みやすさに長けた汎用性の高いフット・スイッチだ。

◎Profile
しゅん●2000年にメロディック・ハードコア・バンド、TOTALFATを結成。屈指のライヴ力を誇り、国内大型フェスの常連である。9枚のオリジナル・アルバムなどを発表後、2019年にギタリストが脱退し、3ピース・バンドへと移行し新たなスタートを切る。2020年1月に新体制での初アルバム『MILESTONE』を発表した。2021年8月20日には盟友BIGMAMAとのコラボ・シングル「WE RUN ON FAITH」をリリースした。

◎Information
TOTALFAT:HP Twitter YouTube
Shun:Twitter Instagram