GEAR

UP

【お宅のエフェクト・ボード拝見!】#2 − 宇佐美友啓(GOOD ON THE REEL)

  • Live Photo:Ryoji Fukumasa
  • Equipments Photo:Syota Kiyono
  • Equipments Explanation:Makoto Kawabe

以前本誌にて連載していた、プロ・ベーシストのエフェクター・ボードをフィーチャーしていく人気企画『お宅のエフェクト・ボード拝見!』がWEB版として復活! ベーシストの“最新足下事情”を徹底検証していく。第2回は今年結成15周年を迎え、心に響く歌詞とメロディを武器に、独自の世界観を奏でる5人組ロック・バンド、GOOD ON THE REELより宇佐美友啓が登場。叙情的なバンド・サウンドを多彩なプレイで下支えする、そのエフェクト・システムに迫っていこう。

原音に忠実な“補正的”ペダル配置

宇佐美のエフェクト・ボード。上段右から、知人が製作したハンドメイドのバッファー、SONIC RESEARCH製ST-200(チューナー)、NeotenicSound製DynaForce(プリアンプ)、フリーザトーン製PT-3D(パワー・サプライ)。下段は右から、STOMPROX製BLACK LABEL FOR BASS(オーバードライブ)、ダークグラスエレクトロニクス製Microtubes B7K Ultra(プリアンプ)、SOURCE AUDIO製SA170(イコライザー)。

 宇佐美がレコーディング/ライヴ問わず、GOOD ON THE REELで使用するのが本ボード。飛び道具などはなく至ってシンプルなシステムだが、細かなこだわりが各所に込められている。

 ベースからの信号はまず、宇佐美の知人が製作したというハンドメイド製のバッファーへと入り、そこからSTOMPROX製BLACK LABEL FOR BASS(オーバードライブ)に接続される。そこからダークグラスエレクトロニクス製Microtubes B7K Ultra(プリアンプ)、NeotenicSound製DynaForce(プリアンプ)を経由し、最後にSOURCE AUDIO製SA170(イコライザー)へとつながる。SONIC RESEARCH製ST-200(チューナー)はDynaForceのチューナー・アウトから接続されている。

 先頭からバッファー→歪み(BLACK LABEL FOR BASS)という特殊なペダル配置としている理由を宇佐美は、“当初はDynaForceを先頭にしていたのですが、DynaForceを製作しているNeotenicSoundの方から「先に歪ませてから、このプリアンプで調節するやり方のほうがいいよ」と教えてもらって。その場で試しに順番を入れ替えてみたところ一気に抜けが良くなったんです”。と語ってくれた。

 唯一の歪みエフェクターとして使用されるBLACK LABEL FOR BASSは、基本的にピック弾き専用というイメージで、2021年6月8日に発売された4thアルバム『花歌標本 』のなかでは「あとさき」「そうだ僕らは」「ノーゲーム」「目が覚めたら」「標本」の5曲で使用しているとのことだ。

 ダークグラスエレクトロニクス製Microtubes B7K Ultraは、ディストーション・チャンネルは使用していない。EQのセッティングに関して宇佐美は、“DynaForceでカバーしきれない部分をコレで補うイメージ。ハイ・ミッド(1.5kHz)とトレブルを邪魔にならない程度に上げていて、ロー・ミッド(500Hz)はイヤな膨らみ方をさせないように少々削っています”。と説明してくれた。

 Microtubes B7K Ultraと併用されるプリアンプがDynaForceで、ふたつのプリアンプのキャラクターを見極め、それぞれに適したセッティングで使いこなしている。“DynaForceは大幅にキャラクターが変わるわけではないんですが、基礎値を高めてくれるというか、原音のクオリティを上げてくれるんです。「Body」を上げていくと高音弦のハイ・ポジションが太く出てくれるし、「Wood」はその名のとおり木の鳴りが疑似的に作れる。特にお気に入りの「Density」は音の密度をいじれるんです。「Edge」は音が鋭くなるイメージなんですけど、すごく効きが良くて弦の死に具合によって微調整しています”。

 SA170は4つまでプリセットが組めるデジタルのグラフィック・イコライザーで、宇佐美は会場やキャビネットごとにどうしても出てしまう微妙なサウンドの差をこれで補う形で使用している。

 “僕は派手に音色が変わるエフェクターよりもプリアンプみたいな基のサウンドをイジるようなエフェクター が好きなんです。今気になってるエフェクターはネイチャー・サウンドの40000preですね”。今後はB7K UltraとDynaForceの接続順を変えるなどしつつ、新たなエフェクターを導入してブラッシュアップを図る予定とのことだ。

Pick up!

宇佐美をテレビアニメ『おそ松さん』風に描いたステッカーが印象的なハンドメイドのバッファー。“常にこれを通った音が出力されています。つないだだけで抜けが良くなって、クリアな音になるんです”。

SOURCE AUDIO製SA170(イコライザー)は長尺のライヴの際など、ベースを持ち替える場面で楽器ごとにプリセットを切り替えて使用される。写真はプレシジョン・ベース用のセッティング。

宇佐美の使用ペダルをチェック!

SONIC RESEARCH/ST-300

 ±0.02セントの驚異的な精度と、圧倒的な反応速度を誇るペダル型ストロボ・チューナーで、宇佐美が使用するST−200(現在は販売終了)の後継機。C0~C8 までの音域をカバーする音名表示のクロマチック・モードと、あらかじめプログラムしたチューニングで弦番号を表示するオープン・チューニング・モードが選べ、カスタムの音律も設定可能。また、内部のDIPスイッチによってトゥルー・バイパス・モード(チューニング時出力オフ)とパススルー・モード(常時チューニング可能)が選択可能だ。

NeotenicSound/DynaForce

 ベース用プリアンプではあるが、各コントロールは一般的なトレブル/ミドル/ベースなどではなく個性的な名称で感覚的に音作りでき、なかでも新開発のDivariusCircuit (ディヴァリウス回路)によるボディ/ウッドは楽器の重心や質感そのものを繊細にコントロールできるなど、ラインだけでも充実した音色が得られるアイテムだ。なお、フット・スイッチはエフェクトのオン/オフではなく、ミュート兼チューナー・アウトとして機能する。

FREE THE TONE/PT-3D

 軽量でコンパクトながら、完全に独立したDC9V/500mAのアイソレイテッド出力端子を2系統、DC9V/100mAのローノイズ・スタンダード出力端子を6系統の計8系統を備えるパワー・サプライ。アイソレイテッド出力端子は起動時に1A以上の電流を必要とする一部のデジタル・エフェクターにも電源供給が可能。各出力端子は独立したノイズ・フィルターとショート・プロテンクション回路を経由し音質はもちろん安全性にも充分な配慮が施されている。

STOMPROX/BLACK LABEL FOR BASS

 L’s TRUST傘下のエフェクター・ブランドSTOMPROXによるベース用オーバー・ドライブ。コントロールはVOL/GAIN/TASTEとシンプルな構成だが歪みの可変幅は広く、TASTEによりミドルのキャラ付けも容易。内部で信号を2系統に分け、個別に加工&ミックスすることで、原音を重視しベースの特性と低音域を損なわない設計となっている。ブラックを基調とした硬派なルックスで動作時に中央のノブを囲うように白く点灯するLEDは視認性も抜群だ。

DARKGLASS ELECTRONICS/Microtubes B7K Ultra

 近年のベース・シーンを席巻するダークグラスエレクトロニクスの代表的プリアンプ。ハイ・ミッドとロー・ミッドの周波数ポイントを3段階に切り替えられる4バンドEQや、EQとは別に高音域と低音域のブーストやカットを個別に行なえるアタックとグラントのスイッチ、クリーンとドライブをミックスできる機能を駆使することで、多彩なサウンド・メイクが可能。後継機である“V2”も好評だ。

SOURCE AUDIO/SA170

 4つのセッティングをプリセットとして保存しMIDI制御も可能なプログラマブルEQ。±18dB(1dBステップ)の7バンド・グラフィック・イコライザーを基調に、マスター・ヴォリュームによって最大12dBのクリーン・ブーストができるほか、オクターヴ拡張機能により62Hzを追加した8バンドでも使用可能。また、プリセットを自動的に切り替えるオート・スクロール機能によって、シーケンサーやトレモロのような特殊な効果も演出できる。高音質な24BitのAD/DAコンバーターを採用したデジタル・エフェクターだが、オーディオ・リレーによるトゥルー・バイパス仕様だ。

◎Profile
うさみ・ともひろ●1988年1月12日生まれ、神奈川県横浜市出身。2006年に音楽専門学校で出会った仲間とGOOD ON THE REELを結成し、2015年にミニ・アルバム『七曜になれなかった王様』でメジャー・デビューを果たす。これまでに9枚のミニ・アルバム、3枚のフル・アルバムを発表、2019年には自主レーベル“lawl records”を立ち上げている。2021年6月9日には4年ぶりとなる4thオリジナル・フル・アルバム『花歌標本 』をリリースした。また2021年10月6日にはベスト・アルバム『O₂ 〜太陽盤〜』『O₂ 〜月盤〜』を同時リリース予定で、 10 月 16 日には15th Anniversary Live『HAVE A “GOOD” NIGHT vol.100 〜十五夜のうさぎ、何見て跳ねる?〜』をUSEN STUDIO COASTで開催予定だ。

◎Information
GOOD ON THE REEL:HP Twitter YouTube
宇佐美友啓:Twitter Instagram