NOTES

UP

【第11回】ウラをオモテにする裏ワザ〜タンタカタン②  石村順の低音よろず相談所 〜Jun’s Bass Clinic〜

  • Text:Jun Ishimura

【第11回】ウラをオモテにする裏ワザ〜タンタカタン②

前回は“オモテだけを基準にしてリズムを捉えてるとダメ。ウラをオモテにしよう”というお話でした。

引き続きポリリズムを使って、ウラとオモテの認識、固定観念を変えていきましょう!

◎講師:石村順
HP Twitter facebook Instagram

BASS MAGAZINE Web『石村順の低音よろず相談所 ~Jun’s Bass Clinic~』。

第11回目のテーマは“ウラをオモテにする裏技 パート2”です。

前回やった“タンタカタン”=“3拍2連”=“2拍3連”、

自動的にできるようになりましたか?

まだの人は前回の動画を見て練習してください!

自動的にできるようになったら、ひとつ注意点があります。

“タカタン”がハネないように気をつけてください。

下の譜面のように、両手のパターン2(a)を片手にまとめると、2(b)になるのですが、

タ~カの長さ=Aと、カ~タの長さ=Bは同じ長さです。

元の譜面で書くとこうなります。

AとBは同じ長さです。ここでハネないように気をつけてください。

さて、前回はこの“タンタカタン”をやっているとき、右手は1、2、3と一定に動きつつ、左手は右手とは別のテンポで一定に動いている、というところまで説明しました。

ここまでは右手(利き手)の“3”の動きが主役で、左手の“2”の動きは脇役でした。

今回はそれを逆にして、左手が主役右手が脇役になるバージョンをやります。

といっても、やることは変わりません。カウントと感じ方だけを変えます。

①まず右手(利き手)とシンクロさせて“1、2、3”とカウントします。これが今までの感じ方です【譜面5(e)】。

②次は左手とシンクロさせて1、2とカウントします【譜面5(f)】。

この手順②が、“左手を主役にした感じ方”です。まずはこのカウントに慣れてください。

次は、この2種類のカウントを行ったり来たりして乗り換える練習をします。

ここからが本当のポリリズムの始まりです。

(e)と(f)、それぞれ4回ずつ、ひたすら交互にやります。

(e)と(f)を乗り換えるときの、重心が左右に移動する感じ、わかりますか?

こういうふうにリズムを乗り換えることを、タイム・チェンジと呼びます。

さらに、(f)のカウントのしかたを2小節単位にして、2拍子から4拍子に変えてやってみましょう。

慣れたらテンポを上げていきます。

この感じ方が身につくと、普通だと2拍目ウラとして認識している音を、オモテとして演奏できるようになります。応用すれば、ほかのウラ(1拍目ウラ、3拍目ウラ)も同じように感じることができるようになります。

難しかったはずのウラが簡単になるし、それだけではなく、ふたつのリズムが同時進行していることで、うねりのあるグルーヴにもつながっていくんですね。

ということで、今回はここまでです。

次回もまた続きをやるので、1週間毎日練習して、タイム・チェンジに慣れておいてください。

いいね・シェア・コメント、よろしくお願いします!

SNSもフォローしてください!

石村順でした!

◎Profile
いしむらじゅん●元LOVE CIRCUS、元NEW PONTA BOX。日食なつこ、ポルノグラフィティ、東京エスムジカ、K、JUJU、すみれ、大江千里、松山千春、宇崎竜童、石川ひとみ、種ともこ、近藤房之助、豊永利行、Machico、紘毅、城南海、西田あい、つるの剛士、SUIKA、Le Velvets、葡萄畑など、多数のライブや録音に参加している。ロングセラー『ベーシストのリズム感向上メカニズム グルーヴを鍛える10のコンセプトとトレーニング』の著者。Aloha Bass Coachingではベース・レッスンのほか全楽器対象のリズム・レッスンを行なっている。

◎Information
HP Twitter facebook Instagram