UP

デヴィッド・ボウイのアイコン的ベーシスト、トニー・フォックス・セイルズが来日ツアーを開催!

  • Photo:Paul McAlpine
  • Text:Daisuke Ito

デヴィッド・ボウイやイギー・ポップの
低音を担った生粋のロック・ベーシスト

1970年代より米国東海岸のロック・シーンで活躍したベーシスト、トニー・フォックス・セイルズの来日公演が開催される。今回の来日では、彼と同時期に活躍した70年代のNYニュー・ウェイヴ・シーンを代表するバンド、ブロンディのメンバーとして活動したクレム・バーク(d)を迎え、ビルボードライブ大阪(2023年2月20日)&東京(同年2月23日)にて2日間のツアーが予定されている。

トニー・フォックス・セイルズのことを知らない人もいると思うので簡単に説明しておきたい。セイルズはニューヨークにて弟のハント(d)とともにTony Sales & The Tigersというバンドで活動していた。その後、米国ロック界きってのマルチ・プレイヤー/プロデューサーでもあるトッド・ラングレンの『Runt』(1970年)に参加。本作にてセイルズはジャズやR&B、ブルース・ロックの素養を生かしたフリーキーでエネルギッシュな演奏を聴かせている。

トニー・フォックス・セイルズ

ラングレンを介してセイルズは、NYパンクのアイコンでもあるイギー・ポップと出会っている。イギーのソロ名義作でもある『Lust For Life』(1977年)は、故デヴィッド・ボウイとポップが共同で制作した作品。抑制を効かせながらもフリーキーで独特な歌を聴かせたキャリアに残る名作である。セイルズはこの作品に全面的に参加。もともとボウイのファンであったセイルズはこの頃より彼と親交を深め、のちにボウイのティン・マシーンとしての活動につながった。

イギー・ポップ「Lust For Life」

セイルズのキャリアで最も知られているのは先述したティン・マシーンの一員であったことだろう。ティン・マシーンはそれよりも以前のボウイのヒット作『Let’s Dance』(1983年)などに代表されるポップ路線とは打って変わったサウンドを指標に、1988年に結成された。バンド・メンバーはボウイに加えてセイルズ兄弟、リーヴス・ガブレルス(g)の4人。全員がタイトなスーツ姿という出で立ちも印象的だった。1989年に1st作『Tin Machine』、1991年に『Tin Machine II』をリリースし、サウンドはボウイが影響を公言していたピクシーズやソニック・ユースなど、USインディ/オルタナティブのテイストを感じるノイジィなギター・ロックだが、そこにボウイらしいカッティング・エッジなテイストもあるといったもの。そのなかで荒削りにもさまざまな方向性を模索する多彩なセイルズのベース・プレイも耳に残る。だが、当時セールス面ではまったく振るわず、同バンド名義での活動は停止し、ボウイは再びソロ活動に専念することになる。ボウイのキャリア的に見るとティン・マシーンは失敗と言われることも多いが、そのサウンドを今聴いてみると、いろんな実験性と発見があり、おもしろい。

セイルズの代表的なキャリアを追うと上記のような感じだが、今回の来日公演では先述したイギー・ポップの名盤『Lust For Life』をフルで演奏するほか、デヴィッド・ボウイの名曲の数々を披露する予定もあるという。また脇を固める、ケヴィン・アームストロング(g,vo)、ケイティ・パックリック(vo)、フローレンス・サベバ(k)、ルイース・コヘイア(g)といった、米国にて多彩なキャリアを持つバンド・メンバーの演奏にも注目したい。

個人的にはティン・マシーンの楽曲もプレイしてほしいが、いずれにせよ、ニュー・ウェイヴ/パンクという1980年代のニューヨーク時代を感じられる一晩となることに間違いないだろう。

【公演情報】
トニー・フォックス・セイルズ featuring クレム・バーク from ブロンディ

【開催日】
●ビルボードライブ大阪(1日2回公演)
2023年2月20日(月)1stステージ 開場16:30 開演17:30/2ndステージ 開場19:30 開演20:30
●ビルボードライブ東京(1日2回公演)
2023年2月23日(木・祝)1stステージ 開場15:30 開演16:30/2ndステージ 開場18:30 開演19:30

【チケット情報】
サービス・エリア:9,000円
カジュアル・エリア:8,700円(1ドリンク付き)

※ご飲食代は別途ご精算となります。
※本公演は、政府および各自治体から発表された新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを踏まえて調整した新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします。
※なお今後の社会情勢や、政府の方針等により、公演実施可否、公演時間が変更となる場合がございます。当店ホームページ、SNSなどで最新情報をご確認いただき、コロナ対策をご理解のうえ、ご来場下さいますようお願い申し上げます。

▼感染症対策について
ビルボードライブ東京: http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice.html
ビルボードライブ大阪: http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_osaka.html

【公演に関するお問い合わせ】
ビルボードライブ東京(☎︎03-3405-1133)
〒107-0052東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
ビルボードライブ大阪(☎︎06-6342-7722)
〒530-0001大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2